<< NO FUCKIN' NUKES. | main | Naked blue starとロビンタワー >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.08.30 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    FIGHT BACK x ISCREAM 7 SHOWERS W-NAME T-SH

    0
      僕がデザインをさせてもらってるチャリティブランド、FIGHT BACKと、神戸のハードコアパンクバンド、ISCREAM 7 SHOWERSがコラボし、W-NAME Teeを発売します!


      私事にはなりますが、去年の6月の末からずっと考えて動いてきたものが、ついに明日、CROW DRAGON TEAのセミファイナル。東京、中野MOON STEPにて発売になります。


      デザインもいくつもいくつも考え、あーでもないこーでもないと練り続け、1つ乗り越えたと思ったら次の壁。というくらいに、何度も挑戦を繰り返し、ここまで形にできました。

      ISCREAM 7 SHOWERSのスタジオに、バイト終わりに原付で単身乗り込み、緊張しまくりながらメンバーの皆さんに自分のしたいこと、自分の気持ちを伝えたこと、ずっと覚えています。

      このTシャツは上記のように、チャリティTシャツです。普通のチャリティものではなく、自分たちらしい支援をしよう、という目標を掲げています。
      いくつかすることも決まっています。

      昔はチャリティっていう言葉は、何と無く胡散臭い気がして苦手でした。チャリティ商品の利益〜っていうのも、なんか納得がいかなくて。
      それなら普通に自分がいつも以上に仕事なりなんなりに精を出し、得た賃金を寄付すればいい、とも思っていました。

      というのも、僕は震災、大きく言うなれば天災のことをよく考えたこととかったのです。

      例えば、阪神大震災が起きた頃。
      僕はまだ1歳にもなっていなくて、復興支援というものも、どこか遠いものに感じていました。
      親からその頃の話は聞いても、自分の家は綺麗だし、周りの風景は微塵もそんなことを感じさせなかった。
      テレビに映るどこかの大きな天災も、大変だな…とは思いつつも、どこか人ごとで、映画の中のような気がしていました。中の人の気持ちになることができませんでした。

      国が動かない、政府は無能。そんなことは、指先だけでなんでも調べられる世の中です。とっくにわかっていました。だけど、僕らが生活してる小さい世界は、特に問題無く回っていて、そんな「無能な国」というのが、どこか遠くに感じたこともありました。

      しかし、実際に現地を訪れて見たもの。出会った人たち。そこで初めて目の当たりにした惨状。ほったらかしの日本政府。初めて、もし自分がここに住んでいたなら、残酷な想像が頭の中を駆け巡りました。ここで僕は、震災というもの、天災の恐ろしさ。そして国への怒り、反発。それらを初めて本当の意味で認識したように思います。

      そして先ほどの、チャリティ商品を作るくらいなら自分がもっと稼いで、そのお金を寄付すれば…という話なのですが、これを僕は「無茶な寄付」と考えます。
      当たり前ですが、本来寄付とは自分の出来る範囲で行うものです。
      自分の生活から出た余剰のお金を寄付に当てる。それはとても素晴らしいことです。

      対して、無茶な寄付。それは向こうの人からしたら、同じお金としても違うんじゃないかと思ったのです。

      例えば、僕は学生でアルバイトをしています。毎月7万円程度を稼いでいたとしましょう。支援活動のために、と必死になり15万を稼ぎ、8万円を向こうへの寄付へ当てたとします。
      「これは少ないですが、僕が必死に稼いだお金です。どうぞ使ってください。」と、もしあなたが渡されたとして、おいそれをそれを使おうと思うでしょうか?きっと、気持ちは嬉しいけれど、受け取れないという人が多いはずです。

      対して、チャリティ商品の利益を支援活動に当てるとします。
      「これは、あなたたちのことを思い、たくさんの人が商品を買ってくれ、発生した利益金です。どうぞ使ってください。」
      こんなにも印象が違うのです。
      被災した人たちも僕たちと同じ、普通の人間です。向こうの人の気持ちになって、というと、何もなくしていない僕にはとても恐れおおいですが…。向こうの方たちはとても思慮深く、遠慮があります。この伝え方をすれば、託される側としても、きっと喜んでくれるはずです。
      僕はそれを信じ、このTシャツを考案しました。


      FIGHT BACKとISCREAM 7 SHOWERS。2つの旗を掲げ、傷だらけの手で、東北へと火を灯す。そんな意味を込めてデザインしました。

      今回、このTシャツを買ってくれた方には、ISCREAM 7 SHOWERSがこのために書いてくださった新曲が1曲入ったCDRがプレゼントされます。




      ISCREAM 7 SHOWERSの物販ではブラック。
      FIGHT BACKの物販(通販URL:http://fightback.shop-pro.jp/
      )では明日の正午から、ブラックと、FIGHT BACK限定カラーとしてバーガンディーボディを発売します。

      値段は2000円です。

      被災した地域は、ご存知のようにあまりに広いです。
      ある人に、「お前一人がそんなことしたって、何も変わらないよ。」と言われました。
      ですが、僕が自分の目を通して見た光景は、決して何も変わってないなんてことはなかった。たしかに輝く人の目があった。

      たくさんの方に手伝ってもらいここまできました。ここからです。
      血の通った支援活動を行っていきますので、どうか、ご協力よろしくお願いします。

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.08.30 Saturday
        • -
        • 22:57
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>
        PR
        selected entries
        categories
        archives
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM